ウーマン

水素水は濃度が高いものが効果絶大|生活習慣病も改善

脂肪燃焼率を高く

ビフォーアフター

酸化により硬くなる脂肪

水素水ダイエットとは、水素水を飲むことで脂肪燃焼率を高くするという、手軽さから話題になっているダイエット方法です。脂肪は、本来はエネルギーとして燃焼されるものですが、体内で酸化するとエネルギーとして使われにくくなります。リンゴは、カットすると酸化して変色する上、硬くなっていきますが、それと同じです。脂肪も酸化により硬くなり、燃焼されずに体内に残ったままとなるのです。しかし水素水ダイエットをすると、酸化しにくくなります。すると食事で入ってきた脂肪は、酸化することなくスムーズに燃焼されるようになります。つまり、硬くなって体内に残る可能性が低くなるということですから、これにより肥満防止効果や痩身効果が出てくるわけです。

体を動かすことも大事

脂肪は、先述したように食事によって増えていくので、水素水は食事の前後に飲むことが肝心と言えます。体に脂肪と一緒に水素水を入れることで、その脂肪の効率の良い酸化防止が可能となるのです。ただし酸化が予防されたとしても、消費エネルギー量が少なければ、結局脂肪は燃焼されずに体内に残ってしまいます。エネルギーは体を動かすことで使われるので、つまり水素水ダイエットでは、水素水を飲むだけでなく、積極的に体を動かすことも必要ということです。また、体を動かしていてもダイエット効果がなかなか出てこないという人の場合、脂肪が酸化している可能性があります。そのような人が水素水を飲めば、運動量をそれ以上増やすことなく高いダイエット効果を得ることが可能となります。